病院概要

前原進一からの説明

1995年に元からあった病院を改設し、宇陀榛原西病院がリニューアルし入院病棟などの施設に余裕ができました。入院される患者様も増加傾向にあり、1フロアにつきナースステーションを1か所ごとに配置し、約10名ずつの配置となっております。5階建ての入院病棟は1フロア5室の病室で10床のベッドが用意されております。滅多なことでは満室になることはなく、病室へ入院する人が増えていくにつれて違うフロアへ案内しフロアごとの入院者数の偏りがないようにしています。

 

特色紹介

スタッフインタビュー

大竹早紀子の声

各フロアでナースステーションを区切っているので、看護師は各フロアのナースステーションが持ち場となりますが、ここの特徴として、あくまで形式上で分けているだけであって、別フロアのナースステーションからもヘルプが行ったり来たりします。入院患者数が少ない時には持ち場を担当するだけでまわしていけるので問題がありません。しかし、問題は増えてきた時でナースコールが殺到してしまう時です。システムとしては、該当フロアのナースコールが同フロアのナースステーションに鳴るシステムですが、3コール以上なって応答がなかった時に上下の階にもナースコールが飛ぶようになっています。基本的にはフロア長はなるべくいるようにしていますが、いないときもありますし、各看護師は病室へ向かっていることが多いです。そういうときにフロア同士で助け合うシステムになっています。

病院のデータ

名称 宇陀榛原西病院
棟数 2棟
病床数 250床
看護師数 103名
設立 2003年
住所 奈良県宇陀市榛原下井足1059
アクセス 榛原駅から徒歩5分

求人のデータ

雇用形態 常勤 正職員
給与 月給27万
勤務地 宇陀榛原西病院(入院病棟)
勤務時間 日勤、夜勤
採用予定人数 10名